ゆっくりと恋愛を楽しむのが難しいからインターネットで「恋人」探し!

家と会社の往復だけの退屈な日を過ごしていた時期でした。

 

一人暮らしに慣れてきた頃でしたが、仕事のストレスのせいか、なんとなく一人でいることに強く寂しさを感じていました。

 

仕事漬けの日々でしたので、友人と会おうにも時間が合いませんでした。

 

ゆっくりと恋愛を楽しむのが難しいならと、インターネットで「恋人」探しをしました。

 

相手が見えない状態でやり取りをするのは不安でしたが、寂しさに負けました。

 

それっぽいサイトを見てみると、たくさんの人が書き込みをしていました。

 

寂しいのは私だけじゃないんだと安心して、何人かとやり取りを始めました。

 

その中の一人とのやり取りが特に楽しく、気づけばその人とだけ連絡を取るようになっていました。

 

何気ない会話や冗談を言うタイミングが合っていたのだと思います。

 

 

その人と会うことになりました。

 

平日の夜、仕事終わりに。

 

私も彼も翌日仕事があるので、「ちょっと飲む」だけの食事デート。

 

初対面でしたが、事前に写真を送りあっていたのですぐに会えました。

 

予約してくれていたお店は横並びで座る個室でした。

 

食べて飲んでしゃべって。

 

誰にも邪魔されずに会話を楽しみました。

 

いつの間にか彼は私の肩を抱いていて、少しずつその手を置く場所が変わっていきました。

 

ドキドキしました。

 

久しぶりの雰囲気に恥ずかしくなってうつむいた私に、彼は顔を上げるように言いました。

 

彼の方を見ると、「いい?」と聞かれ、私が返事をする前に彼は私にキスをしました。

 

めまいがするほどに長かったのを覚えています。

 

 

この日はこれで終わり。

 

電車の時間を考えて店の前で別れました。

 

別れる前に、私から次の予定を提案して。
東京都 20代 女性