セフレが見つかるアプリはやりたい男女がいるから話が早い

出会いアプリで出会ったエッチな女性
妻だけでは性欲が満たせなくなった私は、出会いアプリで女性と会うようになりました。
出会いアプリにはスケベな女性がたくさん居て、私の欲求を満たしてくれたのです。
その出会いアプリの中で出会った女性の中でも、特にスケベ度が高い女性と私はセフレ関係と成りました。
彼女と初めて会った時は喫茶店で話をしたのですが、その時にテーブルで見えないのを良い事に、私の股間を手で触って来たのです。
その手つきは徐々に大胆になり、激しく私の股間のブツを揉んで来ました。
そのおかげで私の股間のブツはどんどん大きくなり、ズボンがパンパンになってしまったのです。
すると彼女は急に手で触るのをやめ、「続きはホテルで」とささやきました。
そして私は彼女に導かれるまま、ホテルへと向かったのです。
ホテルの部屋に入ると彼女は、私の下半身を露出させ、先ほどの続きを始めました。
一度はしぼみかけた私のブツですが、彼女の手と口の刺激を受けた事で、再び元気を取り戻しました。
そして彼女の巧みな指と舌さばきで、私のブツから白い液体が勢いよく飛び出てしまったのです。
その液体は彼女の顔に見事にヒットして、彼女の顔をエロくさせました。
それから私たちはシャワールームに入り、今度は彼女のアソコの中に白い液体を飛ばしました。
私たちはお互いに合いを確かめた事で、エッチの相性が良い事が分かり、セフレになる事を決めたのです。
彼女は相当エッチが好きらしく、私の事を毎日のように呼び出し、エッチを求めて来ます。

そんな彼女の事が私は好きなのですが、妻にセフレの存在がばれると困るので、彼女に自重するように頼んでいます。
しかし彼女は私が困るのが面白いらしく、私の頼みを無視して、会いたいと毎日連絡を入れてくるのです。
「広島県|30代|男性|会社員」

セフレが見つかるアプリはやりたい男女がいるから話が早い記事一覧

婚活アプリに登録して数ヶ月。東京で働いているという彼と知り合いました。私が学生の頃住んでいた街に住んでいることや、読書好きという共通の趣味があったことで会話は弾みました。お互い仕事を終えると「今終わったよ」「帰りの電車にのるところ」なんて他愛のない会話が続いたのは、アプリで知り合った人の中で彼が初めてでした。いつしか特に用事のない日には彼からの返事を待つように。出かけてるのかな。忙しいのかな。私か...